専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX為替チャート

TradingViewで価格帯別出来高を表示する方法~エントリーポイントの解説付き

更新日:

TradingViewのチャートに3種類の価格帯別出来高を表示する方法を解説します。

価格帯別出来高を使えば有利なエントリーポイントを見つけやすくなります。特にTradingViewの価格帯別出来高は、買いと売りの出来高を分けて表示してくれるので、一般的な価格帯別出来高よりもさらに高精度なエントリーポイントが見つかるでしょう。

動画でも解説していますので、FX初心者の方でも理解していただけます。
(動画は記事の下のほうにあります。)

ブックマークして後で読む
[hatebu]

価格帯別出来高とは?

価格帯別出来高とは、高度な出来高の表示方法の一つで、ある価格帯で取引された出来高を集計して横倒しの棒グラフで表示したものです。

一般的な出来高との対比で解説してみましょう。

一般的な出来高は、ある時間に取引された出来高を縦方向の棒グラフで表示したものです。こちらは株のチャートなどで見たことがある人も多いと思います。

出来高

一方で価格帯別出来高では、ある価格帯で取引された出来高を集計し、横方向の棒グラフとして表示されます。

価格帯別出来高とは

TradingViewの価格帯別出来高が凄いわけ

TradingViewの価格帯別出来高はほかのチャートソフトよりもはるか先を走っています。

買いの出来高と売りの出来高

TradingViewの価格帯別出来高を表示すると、何やら複数の色で塗られているのに気づくはずです。

これは適当に色を塗っているわけではありません。買いの出来高と売りの出来高で色分けしているのです。

色分け

デフォルト設定では、買いの出来高が緑、売りの出来高が赤で表示されます。

後ほど解説しますが、この情報はトレードの意思決定に使えます。

3種類の価格帯別出来高

TradingViewでは、以下のような3種類の価格帯別出来高を表示できます。

  • FixedRange → 範囲を指定しての価格帯別出来高
  • Session Volume → 1日ごとの価格帯別出来高
  • Visible Range →表示中の領域全体の価格帯別出来高

一般的には一番下のVisual Range(表示中の領域全体の価格帯別出来高)だけですが、TradingViewではほかの2種類が表示できることにより、さらに使い方が広がります。

価格帯別出来高のキメが細かい

たいていのチャートソフトで表示できる価格帯別出来高は、目が粗い場合がほとんどです。

こちらは、別のチャートソフトで5分足のチャートに価格帯別出来高を表示してみましたが、目が粗すぎて、いまいち使いにくいです。

目が粗い

一方同じ5分足でも、TradingViewの価格帯別出来高は目が細かく、詳細に表示されます。ですからスキャルピングのエントリーポイントを見つけるような細かい分析も可能となります。

TradingViewの価格帯別出来高は目が細かい

この2点以外にも細かくいうと凄い点がたくさんあります。

  • POC(出来高が一番多かった価格)を表示できる
  • Value Area(出来高の真ん中70%ができたエリア)が表示できること
  • 進行中のPOC/Value Areaが表示できること

TradingViewの価格帯別出来高はどう使うか

ほかのテクニカル指標がそうであるように、価格帯別出来高にも複数の使い方があります。ここでは私なりの、優れた使い方を一つ解説しましょう。

価格帯別出来高の使い方として最もポピュラーなのが、レジスタンスラインとサポートラインを特定するのに使う方法です。

価格帯別出来高を使って引くラインというのは、時間軸を超えて意識されるラインとなります。価格帯別出来高には時間軸という概念がないからです。

よーく考えてみまてください。出来高の多かった価格帯、少なかった価格帯があるなら、それはどの時間軸チャートを開いても同じようにその位置にあります。

このセクションでは、TradingViewならではの方法でレジスタンスラインを引いて有利なエントリーポイントを探してみましょう。

まずは一つの原則を伝授します。


売り買い出来高の法則

  • 売りが圧倒的に多かった価格帯に向かって上げてきたときには、そこがレジスタンスライン(レジスタンスエリア)として機能することが多い。
  • その逆に、買いが圧倒的に多かった価格帯に向かって下げてきたときには、そこがサポートライン(サポートエリア)として機能することが多い。

この原則を使ってどのようにエントリーポイントを見つけることができるでしょうか。

例として、今現在のドル円の4時間足を見てみることにします。

ドル円4時間

下降トレンドになっています。こうなると、売りから入るのが普通に考えてよいわけですが、できれば有利な価格で売りを入れたいですよね。

いろいろな方法がありますが、TradingViewの価格帯別出来高が売り/買いの出来高を色分けしてくれていることを利用すれば有利なエントリーポイントを見つけることができます。

今の値段の少し上の辺りの価格帯別出来高を拡大表示してみます。

2016-03-04_17-29-55_2

すると、買いの出来高(緑)がほとんどゼロで、売りの出来高(赤)ばかりの価格帯を見つけることができます。

売りの出来高が圧倒的

このように、買い(緑)に比べて、売り(赤)が圧倒的に多かった価格帯に戻ってくると、その価格帯がレジスタンスライン、というかレジスタンスエリアとして働き、頭を押さえられて再び下げ始めることがよくあります。
(売りと買いの圧力の差が大きかった価格帯ということです)

ですからその辺りに以下のようにラインを引いて待ち受け、そこまで上がってくる時のプライスアクションを読むなり、テクニカル指標の売りシグナルを待つなりします。そしてレジスタンスエリア付近で売りのセットアップが起きたら売る、といのは期待値がプラスの売りエントリーになると思います。

価格帯別出来高売りエントリー

この売り買い出来高の法則(名前はてきとう)を使ったテクニックは非常にうまく機能していますので是非覚えておいてください。

このテクニックを使えるのはTradingViewの強みの一つです。

価格帯別出来高でできることはまだありますが、まずはこれを知っておけば十分だと思います。

TradingView PROプラスの1カ月無料お試しに申し込む手順 動画でも解説

2016-02-19_19h17_48

補足説明:FXの出来高に買いと売りの違いがでるのはなぜ?

TradingViewで価格帯別出来高(出来高プロファイル)を表示する手順

任意のチャートを開いてある状態からスタート。

1.ツールバーから「インディケーター」をクリック。

2.「インディケーター」ウィンドウの左の列にある「出来高プロファイル」を選択。

3.すると右に3種類の出来高プロファイルが表示されるので、表示したいタイプを選択します。

  • Fixed Range : チャート上を[クリック-ドラッグ-クリック]することで任意の範囲に価格帯別出来高を表示できます。
  • Session Volume : 1日ごとに価格帯別出来高を表示することができます。
  • Visual Range :チャート上で見えている範囲すべてに対する価格帯別出来高を表示します。チャートをスクロールするたびに計算しなおして再描画します。

4.価格帯別出来高の設定を変更するには、設定画面を開く必要があります。
5.設定画面を開くには、チャート上部にある表示中テクニカル指標一覧の歯車マークをクリックするか、チャート上の価格帯別出来高を右クリックします。

設定できる内容は多岐にわたります。

価格帯別出来高の詳細さの設定は「Row Layout」で設定する

詳細度の設定には2つの方式があります。

Row Layout

  • Number of Rows
  • Ticks Per Row

Number of Rows

Number of Rows は、表示する価格帯別出来高を何行に分けるかという考え方で設定します。
この設定で、「Row Size」を100に設定すると、表示される価格帯別出来高のヒストグラムが100本になるように表示されます。数値を大きくすればするほど価格帯別出来高の目が細かくなります。

Ticks Per Row

一方、Ticks Per Row では、価格帯別出来高のヒストグラム1本の高さを何ティックにするか、という考え方で設定します。この設定で「Row Size」を100に設定すると、1本のヒストグラムの高さが100ティックになります。先ほどとは逆に、この数値を大きくすればするほど、価格帯別出来高の目が粗くなります。

FXの場合は1ティックが1ピペット(1pipsの10分の1)なので、100と設定すると10pipsの高さになります。

この設定はいくらで大きくできる/小さくできるわけではなく、限度があります。その限度は通貨ペアや先物の種類によって異なります。見やすい目の細かさを選ぶようにしましょう。

売り/買い出来高を分けるか

その下、「出来高」で「Up/Down」を選択すると、買いと売りの出来高を分けて色分けして表示してくれます。

ここで「Total」を選択すると色分けせずに表示されます。

Value Area Volume

この設定はいじらないのが良いと思います。

マーケットプロファイルの考え方で、Value Area (バリューエリア)というのがあって、表示した価格帯別出来高のいちばん出来高が多かった価格を中心として、70%の出来高ができたエリアをValue Areaと呼びます。

スタイルタブの設定内容

スタイルタブでは表示の設定をします。

  • ボリュームプロファイル :価格帯別出来高そのものの表示をOn/Offします。
  • 価格を表示 : 謎です
  • 幅(箱の%): 価格帯別出来高を表示する幅をチャート全体に対して何パーセントにするかを設定。
  • Placement : 価格帯別出来高をチャートの右に表示するか左に表示するか
  • POC :POC(出来高が一番多かった価格に水平線を引くかどうか
  • Developping POC :POCの軌跡ラインを引くか
  • Developping VA :バリューエリアのラインの軌跡を引くか
  • フォントカラー: フォントカラー(謎)
  • Up Volume :買いの出来高の色
  • Down Volume: 売りの出来高の色
  • Value Area : バリューエリアに重ねる色

このような設定があります。

Visual Range(チャート全体の価格帯別出来高)の場合には余計なラインのチェックを外し、Value Area に重ねる色も透明にして、なるべくスッキリ見えるようにしています。

VAの重ね塗りを透明に

これらの細かい設定内容は、3種類の価格帯別出来高に共通しています。

種類別の表示方法

それぞれ、まずは「インディケーター」ウィンドウで選択するところから始まります。

出来高プロファイルを選択

Visual Range と Session Volume は選択するだけで表示

Visual Range(チャート全体の価格帯別出来高)とSession Volume(1日ごとの価格帯別出来高)はインディケーターウィンドウで選択するだけで表示されます。

Visual Range

Session Volume

Fixed Range は範囲指定の操作が必要

Fixed Range(範囲指定しての価格帯別出来高)だけは範囲指定の操作が入ります。

「インディケーター」ウィンドウでFixed Range をクリックしてから「インディケーター」ウィンドウを閉じます。そして、画像のように価格帯別出来高を表示したい範囲を決めて、始点でクリック → 終点でクリック を行うと、その範囲だけを対象とした価格帯別出来高を表示できます。

Fixed Range

画像ではヒストグラムの目が粗いですが、先ほど解説した目の細かさの設定をすれば細かくなります。 

TradingView PROプラスの1カ月無料お試しに申し込む手順 動画でも解説

TradingViewにおけるFXの出来高の情報源

FXの基礎知識でも解説しましたが、FXには中央取引所といったものはなく、世界中の銀行で同時進行的に取引が行われています。ですから誰一人としてFX市場全体の出来高を把握することは不可能です。

それではTradingViewで表示される出来高はなにを情報源としているのでしょうか。

実はTradingViewで表示される出来高は、FX業界の世界的王手FXCMの世界中のオフィスを通過する注文をリアルタイムに集計して表示しています。

ですから、FX市場全体の出来高とは程遠いです。TradingViewの出来高は見るに値しないのでしょうか?

それは皆さんの判断にお任せします。

私は十分信憑性があると考えています。実際にトレードの判断に使っていて、うまく機能しています。

少なくとも、MT4などで表示されるティックカウントを情報源とした出来高よりも信憑性が高いと考えています。

TradingViewのチャートに価格帯別出来高を表示する方法を動画で解説

2016-02-19_19h17_48


ブックマークして後で読む
[hatebu]


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX為替チャート
-, ,

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.