専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX為替チャート テクニカル分析

CCIのダイバージェンスとトレンドライン使った逆張り手法

投稿日:

この記事ではCCIというテクニカル指標の基礎を学んだあと、CCIとトレンドラインを使った具体的なトレード手法について解説します。

CCIとは

CCIは1980年にアメリカのドナルド・ランバードという方によって開発されたテクニカル指標です。
Comodity Channel Indexの略で、商品先物向けに開発されたテクニカルですが、株やFXにも使える指標です。

CCI

CCIはいろんな使われ方をするテクニカルで、新しいトレンドの発生を判定するのにもつかわれますし、買われ過ぎ/売られ過ぎを判定するのにもつかわれます。

RSIやストキャスティクスと似た使われ方をしますが、それらのように0~100までの間を行き来するのではなく、もっと大きな数値になったり、マイナスの数値になったりします。

CCIは今の価格がその日の高値、安値、終値の平均値の移動平均からどれくらい離れているのか?を特殊な計算方法で示す指標です。計算方法はややこしいので割愛します。

速い話が、価格が上がれば大きな数値になり、価格が下がれば小さな数値になります。
そしてその数値は0~100ではなく、+300や-300にもなり得ます。

CCIの使われ方

CCIの一般的な使われ方としては、次のようなものがあります。

トレンド判定のCCI

  • 100を超えたら上昇トレンドのサイン
  • -100を下回ったら下降トレンドのサイン

CCIが100や-100を超えてくるということはかなり強い値動きがあったということで、そちらの方向にトレンドが発生したということです。

しかし、このような浅い読みではうまくいきません。

  • 移動平均線などの他のテクニカルと併用する
  • ローソク足チャートを読んで背景状況を把握し、アキュミレーションやディストリビューションが起きていたのを把握する

など、そのほかのテクニックと併用して使わないと長期的意に上手くいく戦略にはなりません。

例えば、しばらく下降トレンドが続いた後、サポートライン上で大きなティックボリュームを伴った買いのピンバーが出たあと急激に上昇し、その結果CCIが100を超えてきたのであれば、有効なトレンド転換のシグナルとしてもよい、といったようなことです。

このように、背景を読んだ上でテクニカルを利用すればうまくいきます。

CCIを使って買われ過ぎ/売られ過ぎを判定

CCIはRSIやストキャスティクスのように買われ過ぎ/売られ過ぎの判定にも使えます。
但し、それは以下の2つの状況下のみです。

  • レンジ相場の買われ過ぎと売られ過ぎの判定
  • トレンドが発生している状況でトレンドに逆行する動きの行き過ぎの判定

これ以外、つまりトレンドが発生している状況でトレンド方向への行き過ぎを判定するのは難しいでしょう。強い上昇トレンドが出ているのであれば、CCIが買われ過ぎを示したとしても、お構いなしにまだまだ上げていきます。

その辺りのところはストキャスティクスやRSIと全く同じです。

CCIのダイバージェンス

ストキャスティクスと同じようにCCIもダイバージェンスを使った逆張りエントリーが有効です。
ここではトレンドラインとCCIのダイバージェンスを使ったエントリー手法を解説します。

CCIとトレンドラインブレークアウト

これはユーロドルの4時間足です。日足はダウントレンドで、4時間足はレンジになっている状況です。
レンジの中で上昇トレンドラインを描きながらレジスタンスラインに向かっていきます。

ちょうどレジスタンスラインを上抜けたところでCCIのダイバージェンスが起きています。
価格は直近のスイングハイを抜け、さらにレジスタンスラインも上抜けたにもかかわらず、CCIは高値を更新しません。この現象をCCIのダイバージェンスと言います。

このように上位足のトレンドに沿ったセットアップで、しかもレジスタンスライン上でCCIのダイバージェンスが起きると優位性のあるエントリーチャンスです。

積極的にいくならトレンドラインを割り込むポイントで成り行きで売ってもよいですし、慎重に行くならトレンドラインに戻ってくるところを売ってもよいです。

ストップはレジスタンスラインよりも上に置いておき、長い陰線が完成した時点でその陰線の高値にストップを下します。

さらに安値を更新していくたびにストップを直近のスイングハイのポイントに下げてついていきます。
そして主要なサポートラインで少しずつ利食っていきます。

CCIはあまり知られていませんが上手く機能することで有名です。是非あなたも使い方をマスターしてください。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX為替チャート, テクニカル分析
-, ,

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.