専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX為替チャート テクニカル分析

初心者でもわかる!ストキャスティクスでFXチャートを攻略する方法

投稿日:

ストキャスティクスもFXのチャート分析でよく使われるシンプルなテクニカル指標です。
ストキャスティクスはダイバージェンスを分析したり、移動平均線など他のテクニカル指標と組み合わせることで、その真の威力を発揮します。この記事ではストキャスティクスの使い方をFX初心者でもわかるように解説します。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスはチャートの過熱感を把握するためのテクニカル指標です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは相場の「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」を知らせてくれます。2本のラインはMACDなどと同じで、早く動くラインと遅く動くラインの2本になっています。

ストキャスティクスは0から100の数値の間で動きます。
ストキャスティクスのラインがが20以下になると売られ過ぎ、
ストキャスティクスのラインが80以上になると買われ過ぎと判断するのが一般的です。

売買の判断としては、20以下で買いを狙い、80以上で売りを狙います。

20以下で速く動くラインが遅く動くラインを下から上に抜けたら買い、
80以上で早く動くラインが遅く動くラインを上から下に抜けたら空売り
とする方法もあります。移動平均線のゴールデンクロス/デッドクロスと似た考え方です。

ストキャスティクスはチャートが上昇して買われ過ぎになったら売り、チャートが下落して売られ過ぎになったら買いという逆張りトレードに使うテクニカルといえます。

相場環境さえ間違えなければ、ストキャスティクスを使った逆張りトレードは非常に高勝率です。

ストキャスティクスの注意点

ただし、注意が必要です。

ストキャスティクスは買われ過ぎ、売られ過ぎの逆張りシグナルを出してくれるといっても、トレンドに逆らうシグナルは機能しません。

先程のチャートならレンジ気味の相場なので、買われ過ぎで売りを狙い、売られ過ぎで買いを狙えばそれなりに上手くいっています。

これがトレンド相場になるとそうはいきません。
上昇トレンド中にストキャスティクスが買われ過ぎを示したとしても、そんなことはお構いなしにチャートは上げ続けます。上昇トレンド中だと、ストキャスティクスが買われ過ぎ状態のまま上げていってしまうのです。飼われ過ぎだからといって安易に空売りしたら大けがをします。

買われすぎに張り付くストキャスティクス

こういうことは、「めったにない」ことではなく、「しょっちゅうある」ことです。
ですから、単純にストキャスティクスの買われ過ぎ/売られ過ぎシグナルだけをベースに逆張りトレードしたら、長期的には負けます。

どうすればよいのでしょうか?

いくつか答えがあります。

ストキャスティクスのだましを回避するための方法

ストキャスティクスのだましシグナルを回避する方法は3つあります。

  • 他のテクニカルと併用する
  • ダイバージェンスだけをトレードする
  • ローソク足のプライスアクションでエントリーする

ストキャスティクスと移動平均の併用

まずは他のテクニカルとの併用の例です。
トレンドの方向を判断できるテクニカルと併用することがポイントになります。
イロイロ考えられますが、例えば2本の移動平均線と併用するのは良い方法です。

移動平均線とストキャスティクスを併用

短期の移動平均が長期の移動平均の上にあるときには上昇トレンド中と考えます。
そして上昇トレンド中にはストキャスティクスの売られ過ぎのシグナルだけを使うようにします。
そして上昇トレンド中には買われ過ぎのシグナルは無視します。

そうすることでトレンドに逆らった逆張りをしてしまうことをかなり防げます。
このチャートの例でもストキャスティクスの買われ過ぎで空売りしていたら痛い目に合っているのが分かると思います。

基本的に、上昇トレンド中にストキャスティクスが売られ過ぎのシグナルを発したら買いのチャンスです。
逆に、下降トレンド中にストキャスティクスが買われ過ぎになったら空売りのチャンスです。

ダイバージェンスをトレードする

2つめのダイバージェンスをトレードするについては、ダイバージェンスの記事を参考にしてください。

ローソク足のプライスアクションシグナルでエントリーする

3つ目のローソク足のプライスアクションでエントリーするについてです。

ストキャスティクスが売られ過ぎを示しているという理由で買うにしても、単純にただ買うのではなく、ピンバー含み線フクピンバーなどのローソク足のプライスアクションシグナルを待ってエントリーするようにします。

そうすることで、「単純に売られ過ぎだから買う」のに比べ、大幅に勝率が上がります。
もちろん、プライスアクションのシグナルを待っていたがためにエントリーを逃すこともあるでしょう。
しかし、長期的にはプライスアクションを併用したほうが利益が多くなります。

ストキャスティクス まとめ

ストキャスティクスは0から100の間で「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を判定するのに使う。
ストキャスティクスのラインが20以下になると売られ過ぎ。
ストキャスティクスのラインが80以上を示すと買われ過ぎ。

基本的にはストキャスティクスの買われ過ぎでは空売りを狙い、売られ過ぎでは買いを狙う。

但し注意点が...

単純にストキャスティクスを使って逆張りをしていると長期的には勝てない。

そうするか?

  • 他のテクニカルと併用する
  • ダイバージェンスだけをトレードする
  • ローソク足のプライスアクションでエントリーする

以上に気を付けてストキャスティクスを賢く使うと、FXチャート分析の精度は飛躍的にアップするでしょう。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX為替チャート, テクニカル分析
-, , , , ,

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.