専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX為替チャート テクニカル分析

MACDをスッキリと理解してFXに活かそう~為替チャートを極める

投稿日:

為替チャート分析ではMACDがよく使われているけれど、折れ線とヒストグラムがごちゃごちゃしていていまいち使い方が分からない!

そんなあなたはこの記事でMACDをスッキリと理解してください。
MACDをあなたのFXトレードに活かすことができるようになります。

MACDは(ムービング・アベレージ・コンバージェンス・ダイバージェンス)の略です。
読み方はエムエーシーディーではなくマックディーです。

MACDはトレンドの発生を知らせてくれるテクニカルインジケーターです。
チャートでトレンドの発生を認識することがFXトレーダーの最優先事項です。トレンドから生まれる利益が一番多いですからね。

まずはMACDを表示したチャートを見ていただきましょう。

MACD

MACDの設定は、3つの数値をセットする場合が多いです。
いろんなタイプがあると思いますが、一番多く使われるタイプは3つです。

MACD設定

1つ目の設定値は早く動く移動平均の本数の設定です。
2つ目の設定値は遅く動く移動平均の本数の設定です。
3つめの設定値は、「速く動く移動平均と遅く動く移動平均の差」の移動平均の本数設定です。

はい、意味不明ですよね(笑)
ここではとりあえずサラッと流してもらって大丈夫です。

例えば、標準的な設定は大抵の場合(12、26、9)になっています。
この設定の場合の意味を一緒に考えてみましょう。

MACDは、2本の移動平均の差に注目するインジケーターです。

ですからまずは2本の移動平均線の設定をします。

速く動く移動平均線を12本に設定。
遅く動く移動平均線を26本に設定。

この場合、12本移動平均線と、26本移動平均線の差に注目するようにセットしたということです。
チャートでは、青のラインが2本の移動平均線の差を示しています。

では、3つ目の「9」は何の設定なのでしょうか?
これは、「2本の移動平均線の差」の移動平均の設定です。

2本の移動平均線の差を計算し、その差の移動平均を計算しているのです。
チャートでは赤のラインがそうです。

MACDの2本のラインは価格の移動平均線ではないということを理解してください。
この点を誤解している人が多いので要注意です。

青ライン(速く動くライン)は、1と2で設定した2本の移動平均線の差です。
赤ライン(遅く動くライン)は、その「差」の移動平均線です。

先程の例だと、青ラインは12本移動平均線と26本移動平均線の差を示しています。
赤ラインは、青ラインの数値の移動平均線です。この場合だと、「12本移動平均線と26本移動平均線の差」の9本移動平均線です。

MACDに表示される2本のラインについてはこれでばっちり理解して頂けたと思います。

次にヒストグラムです。チャートでは灰色の縦棒グラフのことです。
このヒストグラムは単純に青ラインと赤ラインの差を棒グラフにしたものです。
青ラインが赤ラインの上にあるときは棒グラフは上方向に、青ラインが赤ラインよりも下にあるときには下方向に、その差の分だけ伸びています。

2本のラインの差が広がればヒストグラムが高くなります。
2本ンおラインの差が縮まればヒストグラムは低くなります。

これでMACDの仕組みの解説は修了です。
これであなたは多くの人が誤解しているMACDの仕組みを理解しました。

次は、MACDを使ってどのようにトレードできるかを解説します。

MACDをトレードに活かす

2本のラインがあり、速く動くラインと、遅く動くラインがあります。
当然、速いほうのラインが価格の動きに素早くついてきて、遅い方のラインは遅れてついてきます。

ここまで聞くと、もう想像できる人もいるのではないでしょうか。
MACDの使い方は、2本の移動平均線のクロスなどと基本的には同じです。

速い方のライン(青ライン)が遅い方のライン(赤ライン)を下から上に抜けると、上昇トレンドになる可能性が高くなります。MACDのゴールデンクロスです。

相場環境が上昇トレンドの時は、MACDのゴールデンクロスを狙うと上手くいくことが多いです。

MACDトレード

逆にダウントレンドの場合には、青ラインが赤ラインを上から下にクロスするデッドクロスで空売りするとうまくいきやすくなります。
移動平均線のクロスと考えかたは同じなので分かりやすいですね。

ただし、MACDにも欠点があります。
移動平均線のクロスもそうですが、MACDの売買シグナルは遅れて出てくるということです。相場が反転してしばらくしてからMACDのクロスが起きるのです。

それでも、相場環境をしっかりと理解したうえで使えばかなり強力な武器になります。
じっくりとチャートを眺めて研究してみてください。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX為替チャート, テクニカル分析
-, , , , ,

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.