専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX為替チャート テクニカル分析

ボリンジャーバンドでFXを攻略する2つの方法 為替チャートを極める

投稿日:

この記事では、ボリンジャーバンドを有効に使ってFXをトレードする方法を解説します。
FXトレーダーなら必ず覚えておきたい2つの具体的な方法を解説していきます。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャーという米国のアナリストが開発したテクニカル指標です。
ボリンジャーバンドは相場の「価格変動の度合い」を計るのに使われ、FX界でトップ3を争うほど人気のあるテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドは、相場が静かなのか、それとも相場が騒がしいのかを教えてくれます。

相場が静かな時にはボリンジャーバンドはすぼまり、相場が騒がしい時にはボリンジャーバンドが広がります。

下のチャートを見てください。
価格変動が静かな時にはボリンジャーバンドの上下の幅が狭くなっています。
一方、価格が急激に上がりは始めるとボリンジャーバンドの幅が上下に広がっています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド、要はそういうものです。
ボリンジャーバンドの計算方法とか、ボリンジャーバンドの歴史とか、いろいろマニアックなことを書いてもよいのですが、正直そういうのは必要ありません。

それよりも、あなたが興味あるのは、ボリンジャーバンドを使ってどうやってFXのトレードに活かすか?ってことですよね。

ボリンジャーバンドの使い方には、2つあります。

  • 1つは逆張りエントリーに使う方法
  • もう一つは、順張りのブレークアウトエントリーに使う方法です。

ボリンジャーバンドを使って逆張りエントリー

ボリンジャーバンドについて知っておきたいことは、
価格はボリンジャーバンドの中心に戻ろうとする傾向があるということです。

これがボリンジャーバンドを使った逆張りトレードの根拠となる考え方です。

下のチャートをパッと見て、値動きは次にどうなりそうですか?

レンジボリンジャーバンド

もしあなたの答えが「なんだか上がりそう」だとしたら、

正解です!

そのあとボリンジャーバンドの中心に向かって上げていきました。
ボリバン中心に向かって上昇

いつもそうなるわけではありませんが、レンジ気味の相場ではボリンジャーバンドの端(2σ)にタッチすると反転して中心に戻ろうとすることが多いのです。

なぜそうなるかというと、
ボリンジャーバンドは移動平均線などと同じように多くの人が意識してみているため、サポートラインやレジスタンスラインとして機能することが多いからです。

この傾向は、チャートの時間軸が長ければ長いほど上手く機能するように私は感じています。

多くのトレードシステムがこの「ボリンジャーバンドの端で反転して中心に戻ろうとする」という性質を利用しています。

この手法はレンジ相場の時にうまくいきます。しかし強いトレンドが発生しているとき、価格はボリンジャーバンドの存在など気にせずグイグイと上げたり下げたりします。ですからボリンジャーバンドも相場環境を見極めて使う必要があります。

ボリンジャーバンドの収束とブレークアウト

ボリンジャーバンドは順張りにも使えます。

ボリンジャーバンドが収束している(上下の幅が縮んでいる)場合、それは相場のブレークアウトの瞬間が近づいているという兆候です。

しばらくボリンジャーバンドが収束していたあと、チャートがボリンジャーバンドを上にブレークアウトした場合、しばらくの間は上昇トレンドが続くことが多いです。
反対に、下にブレークアウトした場合には、下降トレンドが続く場合が多くなります。

ボリンジャーバンドの収束とブレークアウト

ボリンジャーバンドの収束する時間が長ければ長いほど、その後の爆発力が大きくなります。

このようなボリンジャーバンドの収束状態からのブレークアウトが起きたら、押しや戻しを待ってエントリーするか、すこし小さな時間軸に切り替えてエントリーチャンスを伺うなどしてトレンドに乗るべきです。

ボリンジャーバンドの収束とダマシのブレークアウト

相場とは残酷なもので、いつも素直な動きをするわけではありません。

ありきたりなエントリー手法でエントリーした人に
「バーカ!引っかかったな~」
と言っているかのような値動きをすることがよくあります。

そういった残酷な仕打ちはどんなテクニカル分析手法にも起こります。
もちろん、ボリンジャーバンドも例外ではありません。

下のチャートを見てください。

ボリンジャーバンドのフェイク

ボリンジャーバンドが収束したあと、いったん下に行くとみせかけて、結局は上にブレークアウトして上昇トレンドになっています。

この一連の動きで、最初の下方向のブレークアウトに乗ろうとした人はロスカットになっています。
しかし下へのブレークアウトで空売りするのは間違いではありません。ちゃんとロスカットすれば何の問題もないのです。

あなたが安定して勝てるトレーダーになりたいなら必ず理解しておいてほしいのですが...

大切なことは、ボリンジャーバンド収束の後の最初のブレークアウトがダマシのブレークアウトだった場合、反対側へのブレークアウトには必ずエントリーするべきだということです。

なぜなら、最初のブレークアウトよりも、一方がダマシのブレークアウトだった後のもう一方へのブレークアウトのほうがはるかに勝率が高く、一瞬で利食いできる可能性が高いからです。

理由は、明確です。
先程のチャートの場合だと、かなりたくさんの人が最初の下方向へのブレークアウトで空売りしています。
その動きがダマシのブレークアウトとなってすぐに戻ってしまっているので、そのあと上方向にブレークアウトする瞬間には彼らがロスカット注文が勢いよく出てきます。

空売りしていたトレーダーのロスカット注文は成り行きの買い注文です。
大量の成り行き買い注文が出ることが予想されるのですから、上にブレークアウトすると勢いよく上昇するのはほぼ間違いないと予測できます。

私は性格がひねくれているからでしょうか、先程のチャートの例のような「反対側へのブレークアウトがダマシのブレークアウトだった後の反対側へのブレークアウト」を好んでエントリーします。

ひねくれ者と言われようが、勝ちゃーいいんです。

ボリンジャーバンドもまとめ

ボリンジャーバンドは相場の値動きの静かさ、騒がしさを表すテクニカル指標である。

ボリンジャーバンドの上下幅が狭い場合には相場が静かな状態、広い場合には騒がしい状態である。

ボリンジャーバンドには主に逆張りとブレークアウト、2つの使い方がある。

レンジ相場においてはボリンジャーバンドの2σラインで逆張りを狙うのが上手い方法。

ボリンジャーバンドの上下幅が窄まっている状態が長く続いた後のブレークアウトは高確率。
その時、一方へのブレークアウトがダマシとなった後、もう一方へブレークアウトする場合にはさらに勝率が高くなる。

ボリンジャーバンドは相場環境を見極めて使い方を選択する必要がある。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX為替チャート, テクニカル分析
-, , ,

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.