専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX為替チャート プライスアクション

ピンバー(上ヒゲと下ヒゲ)というローソク足を使うエントリー手法

更新日:

ピンバーを使った具体的なトレード手法を誰よりも分かりやすく解説します。「どこでエントリーしたらいいの?」「どこでロスカットしたらいいの?」このページを読めば全部わかります。ピンバーは上ヒゲや下ヒゲのローソク足のことで、数あるローソク足パターンのなかで最も強力な反転パターンです。

Pinバーという単語の由来

上ヒゲのローソク足と下ヒゲのローソク足のうち、一定の条件を満たしたものをピンバー(Pinバー)と呼びます。

なんか下ヒゲのローソク足ってとがっている感じがするので、ピンバーの「ピン」はガビョウなどのピンのことだと思いきや、そうではないようです。
ガビョウの画像

ピノキオ(Pinocchio)のPinだそうです。

ピノキオ

でもそんなことはどうでもいいですね(笑)

下ヒゲや上ヒゲのローソク足のうち、絶好の逆張りエントリーチャンスとなっているものをピンバー(Pinバー)と呼ぶってことを覚えておいてください。

今後このブログでも普通に下ヒゲや上ヒゲのローソク足のことをピンバー(Pinバー)と呼ぶこともあるとおもいますので、ここでしっかりと覚えておいてくださいい。

あと、ピンバーはピノキオですから、「ヒゲ」ではなく「鼻」と表現するのが正しいのでしょうが、このページを読んでいない人に「鼻」と言っても「はぁ?」となってしまいそうなので、「ピンバーのヒゲの部分が...」といったような表現を使うことにします。

ここ大事なことなんですが、ピンバーは反転のシグナルです。
ですからピンバーをシグナルとしてエントリーするのは、基本的にはスイングハイとスイングローだけです。
(スイングハイは値動きの山の部分、スイングローは値動きの谷の部分のことです)

値動きが反転するシグナルであって、値動きが継続するシグナルではないってことを覚えておいてください。今はちょっと言っている意味が分からないかもしれませんね。ここは後から詳しく解説します。

ピンバーがピンバーであるための条件は以下の通りです。

  • ピンバーのヒゲの部分の長さは、少なくとも実体部分の値幅の3倍ぐらいある
  • ヒゲの部分が周りのローソク足のから突き出している

ピンバーの見た目は、こんな感じです。

買いのピンバー 売りのピンバー
買いのピンバー 売りのピンバー
買いのピンバーの例 売りのピンバーの例

ピンバーが陽線であるか陰線であるかは、私は気にしません。
上記2つの条件を満たしていたら、それは私にとってピンバーです。

ピンバー(Pinバー)のエントリー

ピンバーのエントリーはどうするかというと...

買いのピンバーなら、ピンバーの高値ブレークアウト
売りのピンバーなら、ピンバーの安値ブレークアウト
でエントリーします。

下のチャートを見ていただけると分かりやすいです。

買いのピンバーのエントリー 売りのピンバーのエントリー
買いのピンバーのエントリー 売りのピンバーエントリー

ピンバーでのエントリーにはブレークアウトエントリーだけを使っています。
空売りのエントリーなら、ピンバーの安値をブレークした後の戻りを待つようなことはしません。
ピンバーの条件を満たしていて、背景状況的にも売りだと思うなら、単純にピンバーの安値マイナス数ピップスのところに逆指値注文を置くだけです。

逆指値注文にはいくつか注意点があります。
買いの逆指値注文にはスプレッド分を上乗せすることや、
時間軸によって数ピップスの幅を持たせて注文を入れることなどです。

その辺りのところは

買いの逆指値注文を出す時はスプレッドを上乗せする

で詳しく解説してありますので必ず確認しておいてください。

ピンバーエントリーのロスカット設定

ピンバーを使ったエントリーのロスカット注文の位置は

買いのピンバーなら、ヒゲのすぐ下
売りのピンバーなら、ヒゲのすぐ上

になります。

買いのピンバーのロスカット設定
買いのピンバーのロスカット設定
売りのピンバーのロスカット設定
売りのピンバーのロスカット設定

ピンバーの髭が長い場合のロスカット設定はどうする?

時々ピンバーの髭が長くてロスカット幅が広すぎる場合があります。
そんな場合はどうするかというと、ピンバーの70%の位置にロスカット注文を置きます。

髭が長すぎる場合は70%にストップ

長いヒゲのピンバーが出て、その70%の位置まで戻してしまったなら結局高値もブレークしてロスカットになることが多いので、70%でロスカットしてしまうのもありです。

ピンバーを使ったエントリーの注意点

ピンバーが出現してからエントリーシグナルが発生するまでに結構時間がかかることも多いです。
そんな時、初心者は我慢できずにフライイングしてエントリーしてしまいがちです。注意してください。

ピンバーは反転のシグナルです。
そして相場が反転するには、大抵の場合時間がかかります。
だからピンバーが成立するには時間がかかるのです。

スイングハイで売りのピンバーが出たということは、それまでは買いが支配権を握っていたということです。
考えてみてください。ピンバーがヒゲになる直前には、物凄い勢いのある陽線だったわけです。
そのような強い買いの支配権が売りの勢力に奪われるには、ごたごたが起きてもうなずけるでしょう。

売り勢力が強まるサインとして上ヒゲのピンバーなどが出現します。
しかし、そのサインが出た後も、買いの勢力がおとなしく引き下がるとはかぎりません。
買い方が最後の抵抗をすることも多いです。

ですから、ピンバーが出たあと、狭い値幅のローソク足でしばらくの間ウダウダすることがあります。
それは、買いによる最後の抵抗を売り方が吸収している状態です。そしてそれは悪いことではありません。

トレーダーとしてのあなたの仕事は、ピンバーの安値をブレークするという売りシグナルが発生するまでは落ち着いて見守ることです。

ピンバーエントリーのシグナルが発生する前にヒゲの頂点を抜けてしまったら、そのピンバーのエントリーはキャンセルします。

例えば売りのピンバーの場合、ピンバーの安値をブレーキアウトする前にピンバーの高値を抜けたら、そのピンバーを使った売りエントリーはキャンセルするということです。
買いのピンバーでも同じです。

ピンバーの例

ピンバーでエントリーする状況はいろいろあります。

レジスタンスラインやサポートラインでトレンドに逆らうピンバーエントリー

主要なレジスタンスラインやサポートライン付近でピンバーが出現したら逆張りを狙います。
ピンバーで逆張り

レジスタンスラインやサポートラインを抜けた後の戻りでピンバー

主要なレジスタンスラインを下抜けしたあと、そのレジスタンスラインに戻ってきたところで売りのピンバーが出たら空売りを狙います。

AUD/USDの例です。
日足はダウントレンドで、主要なサポートランを下抜けしたあと、そこがレジスタンスラインに変わる状況でした。

AUDUSDピンバーショートエントリー

トレンド相場のプルバック(押しや戻し)でピンバー

明確なトレンドが発生している状態で、トレンドに逆らう値動きの中でピンバーが出現したらプルバックエントリーを狙います。プルバックとは押しや戻しの値動きのことです。
下のチャートは上昇トレンド中のプルバックでピンバーが出現した例です。

上昇トレンド中のピンバー

(○ = 利食いできたピンバー    × = ロスカットになったピンバー)

このように、ピンバーは様々な状況でエントリーシグナルに使えます。

ピンバーはFXのトレードにおいて最も大切なエントリーシグナルですので必ずマスターしましょう。

最高のピンバー ~ダマシのブレークアウトでピンバーが出現したら最高のエントリーシグナル

ピンバーは期待値の高いエントリーシグナルですが、全てのピンバーが同じように素晴らしいわけではありません。
最高のピンバーというものが存在します。

最高のピンバーは、ダマシのブレークアウトで出現するピンバーです。

ダマシのブレークアウトで出現するピンバーとはどんなものかというと...
ピンバーのヒゲの部分が主要なサポートラインやレジスタンスラインを勢いよく突き抜けたのに、結局最後には戻ってきてしまい、ヒゲになってピンバーを形成したものです。

ピンバーのヒゲの部分がブレークアウトで飛び乗るタイプのトレーダー達や、そこにロスカット注文を入れていたトレーダー達を罠にはめた状況です。

このようにトラップ(罠)がからむエントリーシグナルは最も期待値の高いエントリーシグナルです。

下のチャートは、主要なサポートラインを下抜けしたあとに急激に戻って下ヒゲになっています。
ヒゲになる直前はいかにも下にブレークするように見えたはずです。

ダマシのピンバー

この動きのなかでたくさんの売り手が罠にかかっています。
このピンバーの高値を抜けたら多くの売り手がロスカットするでしょう。

彼らのロスカットは成り行き買い注文です。
だから価格が上がりやすいのです。

この考え方をしっかりと理解して頂くためにもう一つ例を挙げておきます。
これは先程も登場したチャートです。

ダマシのピンバー2

エントリーシグナルとなったピンバーは主要なレジスタンスラインを抜けてはいませんでした。
しかし、1つ前の波の頂点(チャートではSHとなっている部分)を一旦上抜けしたあと戻ってしまってヒゲになり、ピンバーが形成されています。これは素晴らしいエントリーシグナルです。

一方、エントリーシグナルになったピンバーの5本ほど前に、形だけは一応ピンバーの条件を満たしているっぽい上ヒゲのローソク足があります。しかしこの上ヒゲはどの高値も上に抜けていません。

これではブレークアウトトレーダーを罠にかけきれていないので、優位性のあるエントリーにはなりません。

誰かが罠にかかったのを確認し、絶妙なポイントでその逆方向にエントリーするのがプライスアクショントレーダーの仕事です。

ピンバーのまとめ

ピンバーは最高のエントリーシグナルです。
プライスアクショントレーダーのあなたは、ピンバーがどこで出たのかを見極める必要があります。
また、ピンバーでエントリーしたあとのポジション管理をマスターしていなければいけません。

全てのピンバーが同じように優位性があるわけではありません。
中には他のピンバーよりも圧倒的に有利なピンバーがあります。

最高のピンバーだけをトレードし、平凡なピンバーはスルーする。
そうできるかどうかは、あなたの忍耐力次第です。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX為替チャート, プライスアクション
-, , , , , , ,

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.