専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX口座開設

FXの口座開設で失敗しないために知っておきたい9の知恵

更新日:

FXをトレードするためには、FX業者に口座開設する必要があります。数あるFX業者のなか、どの業者を選べばよいのでしょうか?

この記事では、FX口座を選ぶ際に考慮すべき9つの知恵を解説します。この9つの知恵を持っていれば、あなたにピッタリなFX業者を選べるでしょう。

FX業者は競争が激しいので、それぞれの業者が趣向を凝らして様々なサービスを提供しています。FXの口座開設をする際には、初心者でも上級者でも「どこがいいかな?」と頭を悩ませるものです。

規制をちゃんと守っているか?信用できるFX業者か?預託保証をちゃんとしているか?などは、日本でFX業者を営んでいる限り心配ありません。日本はFXの規制が厳しい国なので、国内のFX業者に口座開設をしておけば安心です。

しかし、自分に一番向いているFX業者は?となると、なかなか難しい選択になります。自分がFX業者に求めているサービスは何なのか?何を重視するのか?によって自分に最適なFX業者は変わるからです。

知恵

FX口座開設の知恵1 そのFX業者は信用できるか?

FX業者が信用できるかどうかを見るには、まずそのFX業者がどの国の業者かが重要です。

全ての国において同じルールでFX業者が規制されているのではありません。規制や監視が厳しい国もあれば、それほどでもない国もあります。日本はFX業者への規制が最も厳しい国の1つです。

FX業者が厳しく監視されていて安心感のある国は

  • 日本
  • イギリス
  • ユーロ諸国
  • オーストラリア
  • スイス

以上の国のFX業者であれば、最低限の信頼性は担保されています。

スイスのDukascopyはかなり使いやすい業者ですので、海外の口座も選択肢に入れている方にはおすすめです。

どんなにスプレッドが狭くても、どんなに魅力的なサービスを展開していても、上記の国以外のFX業者は避けるようにしてください。

FX初心者の方は、わざわざ海外に口座を作らなくても、日本国内の優良なFX業者を選択することをお勧めします。

FX口座開設の知恵2 トレードツールの安定性と使いやすさ

ツール画面

あなたがもしデイトレーダーやスキャルパーなら、トレードツールが使いやすいこと、ほぼ絶対にフリーズしないということが重要になります。

指標時に頻繁にフリーズしてしまうようなトレードツールだと、安心してデイトレードをすることはできません。

使いやすいトレードツールとは、素早くエントリーしたり、簡単に利食い/損切り注文を出せるツールのことです。

デイトレードやスキャルピングをやるなら、

  • 操作が分かりやすい
  • ロスカット注文と利食い注文をエントリーと同時に簡単に入れることができる
  • チャート上のドラッグ&ドロップで注文を変更することができる

が重要になります。

GMOクリック証券のはっちゅう君FXや、FXCMジャパン証券のトレーディングステーションはこの点でかなり優秀なトレードツールです。(他にもたくさんすぐれたツールを提供している業者はあります)

(追記)2016年からはTradingViewを使ってチャート分析を行っています。

チャートトレードGMO

操作がややこしくて操作ミスを誘うようなツールだと、スピードが求められる状況で大きな損失につながることがあります。

ですから、デイトレーダーやスキャルパーは、スプレッドの狭さだけでなく、トレードツールの操作性でFX業者を選択すべきです。

操作性や操作スピードは、スピードを求められないスイングトレーダーや長期の投資家にとってはそれほど重要ではないかもしれません。しかしトレードスタイルに関わらず、トレードツールが使いやすいに越したことはないと思います。

FX口座開設の知恵3 業者の規模が大きいこと

業者の規模は大きければ大きいほうが良いです。取引量が多い業者では有利なスプレッドでトレードできる確率が高くなります。

FX業者というのは、営業マンのような存在です。インターバンク市場と我々一般投資家を結び付けてくれる営業マンです。

営業マンが仕入れ先に対して立場が弱ければ、仕入れ値が高くなり、顧客は高い値段で商品を買わされることになります。

いっぽう、営業マンが仕入れ先と対等の力を持っていたら、安い価格で仕入れることができ、顧客は商品を安く買うことができます。

FXもこれと同じことです。
なるべく企業規模が大きく、取引量も多いFX業者を選ぶことで、平均すると安い取引コストでFXをトレードできます。

企業規模と取引高の多い業者を選んでおけば、大きな間違いはありません。

取引高でいうと

GMOクリック証券
DMM FX

が圧倒的に多く、

YJFX
ヒロセ通商株式会社
マネーパートナーズ

あたりが次に多い業者となっているようです。

取引高の多いGMOクリック証券とDMM FXをメイン口座として使い、必要に応じて他のFX業者を検討する形がよいと思います。

FX口座開設の知恵4 NDD それとも DD?

DDかNDD、どちらが良いということではなく、トレードスタイルによって決めることになります。

DDとは、FX業者のディーラーを介して取引が行われる形式です。
NDDとは、ノーディーリング)方式と呼ばれるもので、ディーラーを介さずに直接インターバンクマーケットに注文を流してくれる方式です。

NDD方式は透明性が高いことと、スキャルピングをやり放題なことにメリットがあります。

一方、大手のDD方式業者は、大抵の時間帯においてNDD方式の業者よりも取引コストが安くつというメリットがあります。

DDとNDD業者の使い分けは

高速スキャルピング   NDD
デイトレード      NDD/DD のどちらでも可
スイングトレード    NDD/DD のどちらでも可
長期トレード      NDD/DD のどちらでも可

エントリーしたあと、数秒~数十秒で決済するような高速スキャルピングをやる場合はNDDの業者を使う必要があります。DDの業者で高速スキャルピングをやると口座を氷結される恐れがあるからです。

DD業者は顧客の注文をそのままインターバンク市場に流すのではなく、ディーラーがカバー先を探しますので、その作業が追い付かないほど高速にトレードを繰り返す顧客は嫌がられるのです。

日本の業者はほとんどがDDの業者です。GMOクリック証券やDMM FXなどもDDの業者です。

日本の業者で高速スキャルピングをやるなら、セントラル短資FXがお勧めです。

2015年10月現在、サンチャゴはスキャルピングにはセントラル短資FXを使っています。5万通貨からの取引ができる業者です。表向きは一番低スプレッドの業者というわけではありませんが、スリッページの少なさなどを含めて考えると、実質的な取引コストが安いように感じています。

スキャルピングをするときに重要なポイント

  • 取引コストが安い
  • ツールが使いやすい
  • スキャルピングが可能(チャートトレード可能)

この3点を完璧に満たしてくれるのでスキャルピングにはセントラル短資FXがベストだと思います。

FX口座開設の知恵5 カスタマーサポートの質

サポート

なにか緊急の問題が発生した際にはカスタマーサポートに電話することになります。

24時間のカスタマーサポートを提供している業者は安心感があります。

DMM FXやマネーパートナーズなどは24時間のカスタマーサポートを受けることができるので安心です。

ただ、私は長年FXをやっていますが、今までに電話で問い合わせたことは1度もありません。実際にはそれほど重要ではないかもしれません。

完全にFX初心者の方は、24時間電話サポートのついているDMM FXなどを選択しておくとよいでしょう。

FX口座開設の知恵6 取引コスト

貯金箱

取引コストはFX口座を選ぶ際に最も大切な要素です。

スプレッドと手数料

FXの取引コストは以下の2つです。

  • スプレッド
  • 手数料

DMM FXやGMOクリック証券などのDD業者で原則固定スプレッドの場合は、取引コストはスプレッドのみとなります。

スプレッドが0.3pipsなら、1万通貨を取引する場合に30円の取引コストになります。

一方、FXCMなどのNDD業者の場合は スプレッド+手数料 が取引コストになります。スプレッドのほかに、0.2~0.5pipsに相当する手数料が加算されます。

スプレッドが0.3pipsで、手数料が0.2pips相当である場合には、合計で0.5pipsの取引コストになります。1万通貨で50円の取引コストになります。

高速スキャルピングをやるのでない限りは、固定スプレッドのDMM FXかGMOクリック証券の取引コストが一番安くなるのではないかと考えています。

ただし、初心者の方など、取引単位が1万通貨単位以下のトレーダーにとっては、SBIFXトレード のスプレッドが一番安くなります。

特にSBIFXトレードのドル円とユーロドル、そして南アフリカランドのスプレッドは際立って狭いのでおすすめです。

トレードスタイルと取引コスト

私はここ8年ほどFXをしていますが、数年前までは、FXの取引コストが高く、スキャルピングをやるのは至難の業でした。

今でこそ、ドル円0.3pips、ユーロドル0.5pipsという狭いスプレッドがありますが、一昔前は1pips以下のスプレッドというのは稀でした。

私には取引コストのルールというものがあります。

取引コストは、利食いの値幅の1/10までに抑える

というものです。

例えば、利食い値幅が20pipsのデイトレードなら、2pipsまでの取引コストでトレードできる業者を選びます。

利食いが10pipsのスキャルピングなら、1pipsの取引コストでトレードできる業者に限定します。

一昔前までは、1pips以下の取引コストでトレードできる業者は珍しかったのですが、今はボラティリティ―の大きいユーロ円ですらスプレッドが1pipsを下回ってきています。

スキャルパーにとっては良い時代になりました。

FX口座開設の知恵7 FX業者が提供するサービス

各FX業者は顧客を獲得するために様々な付加サービスを展開しています。

しかし、そのような付加的なサービスをあまり重視してFX口座を選ぶべきではないと思います。

FX口座にとって大切なことは、

  • 信頼できる業者であること
  • 取引コストが高過ぎないこと
  • トレードツールが使いやすいこと

その3点を抑えていれば、それ以外はおまけにすぎません。

経済指標ニュースの配信などを売りにしている業者があるかもしれませんが
そのような情報は、fxfactoryなどの無料サイトからも得ることができます。

表示できるチャートの種類

スキャルピングをやる人にとっては、表示できるチャートの種類はとても重要になります。

というのは、高速スキャルピングの場合、1分足でトレードするよりも、ティックチャートでトレードする方が合理的だからです。

ボブ・ボルマン氏のスキャルピング本を読んだ方なら70ティック足のことを聞いたことがあると思います。

1分に1本のローソク足ではなく、70回取引が行われるたびに1本のローソク足が表示されるタイプの特殊なチャートです。

70ティックチャートの場合、指標発表直後などには1分の間に何本もローソク足が出ます。取引が活発で、一瞬で70回の取引が行われるからです。

ですので、取引が活発な時には、1分足では見えない値動き、1分足では見えないチャートパターンを捉えることができます。

70ティックチャートを使ったスキャルピング手法で取引したいなら、セントラル短資FXのUチャートがおすすめです。1~100ティックチャートを自分で設定して自由にチャートを表示できます。

5万通貨からの取引ですが、7ティック程度をロスカットとするスキャルピングなら、多くの人にとって問題ないでしょう。

セントラル短資FXのUチャートは初回利用月と翌月月末までは無料で利用できます。その後は月間トータルで1000万通貨を取引することで無料で利用できます。5万通貨の取引を一日に10回以上行う方はUチャートを無料で利用できるということです。

この条件はスキャルパーなら楽にクリアできる人が多いと思いますので、対象となる方は検討してみてください。

Uチャートは、セントラル短資FXのウルトラFXに口座開設すると使えます。

FX口座開設の知恵8 レバレッジ

高いレバレッジでトレードできる業者を求めているなら、海外の業者を選択するしかありません。

日本国内の業者は日本のレバレッジ規制により、25倍に制限されているからです。

スイスのdukascopyはレバレッジ100倍です。

高いレバレッジのトレードを希望するなら、上記2つの業者のどちらかを選んでおくと間違いないと思います。

高いレバレッジを求めるケースというのは、スキャルピングの場合だと思います。狭いロスカット幅でロット数を上げて、何度も何度も売買を繰り返すようなトレードスタイルの場合には、高いレバレッジが必要になるかもしれません。

dukascopyはNDD業者なので高速スキャルピングをやることもできます。

ただ、ほとんどに人にとっては、日本国内のレバレッジ25倍でも十分でしょう。

FX口座開設の知恵9 口座開設でキャッシュバックをもらう

FX業者によっては、新規でFX口座を開設した顧客に対してキャッシュバックを行うところもあります。5000円~1万円以上ももらえる場合がありますので、ばかになりません。

キャッシュバックの多いFX業者があれば、とりあえず口座を開設してみて何度かトレードしてみる価値があります。

GMOクリック証券だと新規FX口座開設で最大30,000円キャッシュバックを貰えます
GMOクリック証券

DMM FXだと2万円のキャッシュバックです。
DMM FX

サンチャゴが使っているFX口座

FX口座の選び方についていろいろと書いてきました。
最後に私が現在実際に使用しているFX業者を挙げておきます。(2015年4月2日現在)

私は現在4時間足のスイングトレード、5分足のデイトレードを中心にトレードをしていて、時々ティックチャートを使った高速スキャルピングもやります。

それぞれに別の口座を用意していて、ポジションがごちゃごちゃにならないようにしています。
スイングトレードのポジションとスキャルピングのポジションが同じ口座にあると、間違ってクローズしてしまうことがあるので、分けています。

スイングトレード

4時間足のスイングトレードにはDMM FXを使っています。取引コストが安いですし、企業規模や取引量が大きく、安心感があるからです。また、口座開設のボーナスをたくさんもらえたので、そのまま使い続けているというのもあります。

デイトレード

5分足のデイトレードにはGMOクリック証券を使っています。
理由は、スプレッドが狭いことと、ツールの使い勝手が良いことです。
エントリーと同時に利食いと損切注文が入る機能、そしてチャート上のラインをドラッグすることで注文を変更できる機能に随分と助けられています。

企業規模が大きく、取引量も非常に大規模ですので、おのずと取引コストは他の業者に比べて安くなる場合が多いと私は考えています。様々な面で有利なFX業者だと言えます。

今のところ、私の中では国内業者の中で最高の業者の1つだと思っています。

ただし、DD業者なので高速スキャルピングをすることはできません。

高速スキャルピング

FXの高速スキャルピングは私の本業ではありませんが、毎日ではありませんが、値動きが活発な時に限り、ときどき練習を続けています。

高速スキャルピングにはセントラル短資FXかFXCMを使っています。
一時海外業者を使ってみたことがありますが、今はセントラル短資FXに落ち着きました。

手数料を含めた取引コストですが、ドル円、ユーロドルあたりは余裕で1pips以下となります。
高速スキャルピングをやるのに十分な取り引きコストの安さです。

スキャルピングにはFXCMかセントラル短資あたりがベストだと思います。

また、FXCMのトレードツールは操作性がGMOクリック証券のはっちゅう君に似ていて抜群に使いやすいです。
エントリーと同時に自動的に利食いと損切注文を入れることができますし、チャート上でラインをドラッグするだけで注文を変更することもできます。

1時間に何十回もエントリーするようなスキャルピングをやってもストレスを全く感じない使いやすいトレードツールです。

まだ資金が少ない初心者向けのFX口座は?

FX初心者の方は、勝てるようになるまでの間、いかに大負けせずにFXのトレード経験を積むか?ということが鍵を握っています。

口座サイズが10万円以下の方が、いきなり1万通貨単位でトレードを始めたら、わりと早い段階で口座残高は5万円ぐらいにまで減ってしまうと思います。

運が良くて、いきなり勝つ人もいるでしょうが、結局はどこかで大負けすると思います。トレードとはそういうものなのです。

5万円を負けることで学ぶことも多いので、無駄な負けとは言いませんが、できることなら、もっと小さな取引で、効率よくFXのトレードを学びたいものです。

SBI FXトレードなら、なんと1通貨単位からトレードできますので、1万通貨単位で練習をするよりも、1万倍資金が長持ちする計算になります。

1通貨単位のデイトレードで20pipsのロスカットになった時の損失額は、なんと20銭! 1円にも満たない金額です。

専業トレーダーと同じ、実際にお金を賭けたリアルマネー環境で、リスクを最小化して安心してFXの練習に取り組むことができます。

デモトレードで練習するという方法もありますが、デモトレード環境とリアルの環境では約定のタイミングが微妙に違います。ですから、デモトレードで勝てるようになったからと言って、リアルでも同じ結果が出るとは限りません。

その点、SBI FXトレードの1通貨単位で練習をして勝てるようになったのであれば、そのまま少しずつ取引単位を上げるだけです。取引単位が多少大きくなったからといって、約定のタイミングが変わるわけではないからです。

デモトレードで練習するよりも、SBIFXトレードの1通貨単位で練習を積んだ方が、圧倒的に実践的です。

私がもしFXの初心者なら、迷わずSBIFXトレードを選択するでしょう。

FX口座の選び方 まとめ

FXの口座開設で失敗しないための9の知恵を紹介した。

1.そのFX業者は信用できるか?
どこの国の業者かが重要。

FXの規制や監視が厳しい国

  • 日本
  • イギリス
  • ユーロ諸国
  • オーストラリア
  • スイス

これらの国の業者を選んでおけば、ある程度の安全は担保できる。

2.トレードツールの使いやすさと安定性

トレードツールがシンプルで分かりやすく、使いやすいことが重要。
特にデイトレードやスキャルピングの場合にはシステムの安定感が必須。

また、利食いと指値注文をエントリーと同時に入れれる機能とチャート上でラインをドラッグするだけで注文を変更できる機能があれば、デイトレードやスキャルピングをやるときに便利。

3.業者の規模が大きく、取引量が多い方が良い
FX業者とは、インターバンク市場と我々一般投資家の仲立ちをする営業マンのようなもの。
営業マンが仕入れ先であるインターバンク市場に対して強い立場にあれば、それだけ調達コストが下がり、我々の取引コストも下がる。

4.NDDかDDどちら?
取引コストが安くなるのはGMOクリック証券やDMM FXなどのDD業者。
しかし高速スキャルピングはNDDでないとできない。
スキャルピングの場合はNDD、それ以外の場合は大手のDDを選択するのがベター。

5.カスタマーサポート
右も左も分からない初心者の場合は、24時間電話サポートを提供する業者がよい。

6.取引コスト
取引コストにはスプレッドと手数料がある。
NDD業者はスプレッド+手数料。
DD業者はスプレッドのみ。

利食いの値幅の1/10程度以下の取引コストで取引できる業者を選ぶべき。
それ以上の取引コストだと安定して勝つのが難しくなるだろう。

7.FX業者が提供するサービス
我々にとって重要なのは

  • 信頼できる業者であること
  • 取引コストが高過ぎないこと
  • トレードツールが使いやすいこと

それ以外の付加サービスはあまり気にしない方が良い。

8.レバレッジ
日本国内の業者はレバレッジ規制により最大25倍と決まっている。

スキャルパーなど、それ以上のレバレッジを求めるなら海外FX業者に口座開設する必要がある。
海外口座なら100倍や500倍といった大きなレバレッジが可能だ。

9.キャッシュバックをもらう
FX業者によっては多額のキャッシュバックを行うことがある。
キャッシュバックを利用して有利にFXを始めることができる。

資金の少ないFX初心者はどうすべき?
1通貨単位からトレードできて、ユーロドルやドル円のスプレッドが業界最狭水準のSBIFXトレードで練習を積むのがお勧め。

上記のことを考慮した結果、サンチャゴが使っているFX業者は以下の通り。

スイングトレード向け : DMM FX
デイトレード向け   : GMOクリック証券
高速スキャルピング向け :セントラル短資FX


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX口座開設
-

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.