専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

FX初心者

買いの逆指値注文を出す時はスプレッドを上乗せする

投稿日:

FXをトレードする場合、

あるローソク足の高値を超えたら買いエントリー
ローソク足の安値を下回ったら売りエントリー

という方法でエントリーすることが多くなります。
プライスアクション手法でトレードする場合には特に多いです。

これは逆指値エントリーや、ブレークアウトエントリーと言います。

このような方法でエントリーする際、1つ気を付けなければならないことがあります。
それは、買いエントリーをするときにはスプレッドを考慮して逆指値の注文を入れる必要があるということです。

「スプレッドを考慮する」ってどういうこと?と思いますよね。
一つ一つゆっくりと解説します。

まずは予備知識を3つほど学んでいただきます。

「スプレッドを考慮してエントリーする」を理解するための予備知識3つ

BidとAskとスプレッド

以前、FXのレートにはBidとAskがあると解説しました。
Bid(ビッド)はあなたが今すぐ売れる価格。
Ask(アスク)はあなたが今すぐ買える価格。

BidとAskの差をスプレッドといいます。
スプレッドは業者によっても違うし、通貨ペアによっても違います。

スプレッド

ここまでオーケーですか?

ほとんどのチャートはBidの値段で描かれる

ほとんどの業者のチャートはBidの価格で描画されています。
Bid(ビッド)とはあなたが今すぐ売れる価格でしたね。

分かりやすいようにスプレッドの広い南アフリカランド/円のチャートで解説します。
南アフリカランド/円のスプレッドは1.4銭です。

GMO南アフリカランド円チャート

チャートはBidの価格で描画されますから、チャートの今の価格は9.669となります。
この時のAskの価格は9.683です。赤文字で表示されている価格です。チャートの今の価格(青文字)から1.4銭のスプレッドの分だけ上です。

GMOクリック証券のチャートは分かりやすくて、Askとビッド両方の価格を示してくれています。
今成り行きで買うと9.683で約定する(赤)
今成り行きで売ると9.669で約定する(青)
ということがひと目でわかります。

FXのチャートというのは、Bid(あなたが今売れる価格)で描画されていて、Ask(あなたが今買える価格)はスプレッドの分だけチャートの今の価格よりも上になるということを理解してください。

逆指値注文とはなんだ?

予備知識としてもう一つ確認しておきたいことは、逆指値注文とはなにか?ということです。

「買いの逆指値注文を100円に入れる」ということは、
「Ask(今買える値段)が100円以上になった瞬間に成り行きで買う」という意味の注文を入れることです。

「売りの逆指値注文を90円に入れる」ということは、
「Bid(今売れる価格)が90円以下になったら成り行きで売る」という意味の注文を入れることです。

これで予備知識の確認は完了です。

逆指値で買うときにスプレッドを考慮すべき理由

このチャートは、先程のチャートにちょっと解説を付け加えたものです。

逆指値で買うときの注意

今の値段は9.669です。
Bidが9.669、Askが9.683です。
スプレッドの幅を黄緑に塗ってあります。

あなたは赤のライン、9.692をブレークアウトしたら成り行きで買いたいと思っているとします。
9.692超えたら成り行きで買いたいのだから、9.692に買いの逆指値注文を入れたくなります。
しかし9.692に逆指値注文を入れるのは間違いです。

なぜならそれではAskが9.692以上になった瞬間に成り行きで買われてしまうからです。
チャートの値段(Bid)が9.692になった時ではなく、Askが9.692になった瞬間に注文が発動するのです。

チャートはまだ9.692になっていないのに、Askが9.692になった瞬間に注文が発動してしまうということです。

ですから、買いの逆指値注文を発注する場合にはスプレッドの幅の分をプラスした数値に発注しないといけません。
この場合だと、9.692 + 1.4銭(スプレッド) ですので、9.706に逆指値の買い注文を出すのが正解です。

逆指値の買い注文を出す場合は、チャート上で読んだレートにスプレッド分を上乗せして発注するようにしてください。

逆に、逆指値の売り注文の場合は、チャートの表示とBid(売れる値段)が一致しているので、スプレッドの幅を考慮する必要はありません。

上の画像の例でいうと、一番下の青のラインに売りの逆指値注文を出す場合は、青ラインのレートそのままの数字に逆指値の売り注文を出せばよいです。

業者によってはチャートの表示をBidからAskに切り替えることができる業者もあります。Ask表示のチャートなら考え方は逆になります。

このあたりのところは、長年やっている人にとっては当たり前のことですが、初心者にとっては「あれ?」と思ってしまうポイントです。ここでしっかり覚えておいてください。

ピッタリの値段ではなく確実に超えてからエントリーする

「ある値段を超えたら成り行きで買う」のが逆指値の買い注文だと解説しました。

「ある値段を超えたら」といっても、何pips越えたらいいのでしょうか?

明確なルールは存在しません。しかし私はこれぐらいを目安にしています。

買いエントリー 売りエントリー
日足 スプレッド分 + 5pips程度 5pips程度
4時間足 スプレッド分 + 3pips程度 3pips程度
1時間足以下 スプレッド分 +  2pips程度 2pips程度

まとめ

FXのチャートはBidで描画されている。

FXで買いの逆指値注文を出すときには、チャートの数値にスプレッド分を上乗せして発注するのが正解。

売りの逆指値の場合は、チャートの数値で発注してOK。

逆指値注文は狙っている価格ピッタリに置くのではなく、狙っている価格を余裕を持って超えたところに置く。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。


サンチャゴ無料メール講座概要

おすすめ記事

プライスアクショントレードチャート 1

プライスアクショントレードとは何なのか?さらにその手法の基礎から応用までを、誰よりも分かりやすく解説します。プライスアクションの売買シグナルを検出できる無料インジケーターの使い方も習得できます。このペ ...

2

MT4の新規発注を効率化するフォーム型のEAを作りました。無料で使えます。MT4のチャートに表示したフォームのボタンをクリックするだけで、OCOやIFDOCOを付けた新規注文をワンクリックで出せるEA ...

註文の位置を微調整 3

全てのFXトレーダーが必ずマスターしておくべき、MT4の実践的な使い方が学べるページです。基本だけではなく、プロ並みのトレード環境を無料で作れるノウハウを分かりやすく解説しています。なかでも、リスク管 ...

スイスアーミーナイフ 4

FXにおいて、複数通貨ペアのチャートを1画面の中にいくつも並べて監視する状況が多いと思います。そんな時、全てのチャートの時間軸を一気に変更できたら便利だと思いませんか。ノーマルのMT4にはその機能が付 ...

チームワーク 5

FXのトレードで安定して勝てるようになるには、トレード日誌を毎日欠かさずつけること、そして結果を後から分析することが必須です。 でも、トレード日誌の入力ってめんどうですよね。それに、集計や分析といった ...

TradingView 6

次世代のFXチャート、TradingView(トレーディングビュー)の賢い使い方を動画とテキストの解説を使って最短でマスターできる無料講座です。 専業トレーダーのサンチャゴが現場で使うスキルを無料でレ ...

FXの大口約定ライントレード 7

この記事では、FXのトレードに革命を起こしつつある「大口約定ツール FX版」について解説します この記事を読んだだけで、FXのトレードが劇的に改善するきっかけになるでしょう。 株だけでなくFXでも革命 ...

-FX初心者
-, , , , , ,

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.