専業デイトレーダーサンチャゴのFXブログです。即戦力なFXトレーダーを育成するため、本物のデイトレード/スキャルピング/スイングトレード手法を無料で徹底的に解説しています。まずはFXとは?を理解し、ローソク足のプライスアクションを極めてください。

日本一即戦力なFXブログ

通貨ペアの選び方 後編

『FXの初心者必読!デイトレードにおける通貨ペアの選び方 前編』では通貨ペアの選択方法を解説しました。後編ではテクニカル指標を使って通貨ペアの強弱を読み取る方法と、前編後編を通して解説してきたテクニックを実践するために便利なツールの使い方や設定方法を具体的に解説します。

テクニカル指標を使って通貨ペアの強弱を読み取る方法

順張りで買いをやるなら圧倒的に強い通貨ペアを買いたいものです。逆に売りをやるなら圧倒的に弱い銘柄を売りたいものです。

通貨が弱いか強いかを一発で見極めることができるテクニカル指標があります。

ザイというサイトが無料提供しているCCFp2です。

現在はザイさんのサイトではダウンロードできなくなり、しろふくろうさんのサイトでCCFpがダウンロードできます。

CCFP2は各主要通貨の強弱を線グラフで表してくれます。
折れ線が上がれば強く、下がれば弱いということです。

CCFp24時間

この画像は4時間足にCCFp2を設定したチャートなので、4時間足では緑の米ドルが圧倒的に強いのが分かります。スイングトレードなら米ドル買いの戦略が良さそうだと分かります。

デイトレードならチャートを5分足などに設定します。

CCFp25分足

画像では色が少し分かりにくいですが、山吹色のCHF(スイスフラン)が強く、米ドル(緑)もそこそこ強いのが分かります。

このように、CFFp2を使えば一瞬で強い通貨、弱い通貨を見極めることができます。

このテクニカル指標の使い方にはいろいろあると思います。リンク先のザイさんのサイトを参考にしてみてください。
2つの通貨に注目し、ラインがクロスしたところでエントリーするというテクニックなどが紹介されています。

今最も強い通貨と弱い通貨を組み合わせ、その通貨ペアに注目するというのは良いと思います。
例えば、先程の5分足のCFFFp2なら、スイスフランが強く、カナダドルが弱かったので、CHFCADに注目するのです。CHFCADは珍しい通貨ペアなので取引できる業者が少ないですし、あってもスプレッドが広いでしょうから5分足のトレードはできませんが、例えばの話です。

CHFCADのチャートを見てみると...

CHFCAD

かなり強いダウントレンドになっています。順張りで売るにしても、逆張りで買うにしても、たくさんのトレードチャンスが期待できると言えます。大きく動いている相場にはチャンスが多いからです。

便利なMT4ツール 複数チャートの時間軸を一発で変更する方法

『通貨ペアの選び方 前編』でMT4のプロファイル(チャート組)を使って主要通貨のページを作る方法を解説しました。7つのページにそれぞれ6つのチャートが並べるのですが、トレードする時間軸が変わるたびに6つのチャートの時間軸を一つ一つ変更するのは面倒です。一気に6つのチャートの時間軸を変更したいですよね。しかし残念ながらMT4のデフォルト状態ではそのような機能は搭載されていません。

しかし世の中には便利なものを開発して無料提供してくださる素晴らしい人がいらっしゃいます。

とあるMetaTraderの備忘秘録 さんのページ で便利なツールが手に入ります。

こちらのサイトで提供されているツールをダウンロードしてMT4に設定すれば、複数チャートの時間軸を一発で変更することができるようになります。これは本当に便利なので是非使ってみてください。

主要7通貨の分析ページをMT4で簡単に設定する方法

7つのページにそれぞれ6つのチャートを表示するのですが、プロファイルを作るのが面倒だという方もいらっしゃるかもしれません。たしかに結構面倒ですし、手間です。

そこで、この7つのページのプロファイルを一瞬で作ってしまう方法を用意しました。

先ほども解説しましたが、MT4では画面のチャート表示を記憶しておく機能があり、プロファイルやチャート組などと呼ばれています。

プロファイルは手動で作っても良いですが、人が作ったプロファイルの設定ファイルを所定のフォルダにコピペすることで、それと全く同じプロファイルを再現することができます。

私のプロファイル設定ファイルを以下のページに置いておきますので、自分で作るのが面倒な方は使ってみてください。

サンチャゴのプロファイル設定ファイル置き場

ダウンロードパスワード:   mt4

もしあなたがまだMT4をお使いでなければ、日足5本を実現しているFXCMジャパン証券のMT4を使うようにしてください。

他の業者のMT4は日本時間の設定に対応できていない場合が多いので、日足が中途半端に6本出てしまい、日足の分析がおかしなことになってしまうので危険です。

FXCMジャパン証券のMT4はその点をしっかり対応できていて日足が5本、正確に表示できるので安心して使えます。

FXCMジャパン証券はインターバンク直結のNDD業者であり、若干の手数料がかかるもののスプレッドが狭く値が滑ることも少ないのでトータルコストが安くトレードすることができます。

まとめ

  • その日トレードする通貨ペアを選択するスキルはとても重要!
  • まずは7つの通貨のページに目を通し、同じ方向にトレンドが出ている通貨を探す
  • 各通貨のページで6つのチャートが同じ方向に明確なトレンドが出ていれば、その通貨がFX相場をリードしているということ
  • リードしている通貨が分かれば、次は具体的にどの通貨ペアをトレードするかを決める。
  • 通貨ペアの決め方1.強いトレンドが出ている通貨ペアを選ぶ
  • 通貨ペアの決め方2.クロスペアのチャートを見て有利な通貨ペアを判断する
  • テクニカル指標を使うなら、CCFp2が便利
  • 各主要通貨のプロファイルを作るのが面倒ならサンチャゴのプロファイルを使ってみる

投稿日:

Copyright© 日本一即戦力なFXブログ , 2018 All Rights Reserved.